ランニングのトレーニングのコツは?

人間の体というのは何もしないと簡単に衰えてゆくものです。

例えば、筋肉をそれこそ死に物狂いで鍛えたとしましょう。プロの運動選手のようにとにかく激しいトレーニングを積んで鍛えた筋肉。素晴らしいことです。

でも例えば、やりすぎて怪我をして1週間休んだとしましょう。

すると悲しいかな、筋肉は半分にまで衰えてしまうと言われています。

ランニングで必要な心肺機能も同じように、2週間も休むと、練習していない人と同じような状態になると言われています。

つまり、いくら激しい練習をしても衰えるのは非常に早いのですから、やりすぎて途中で疲れてしまう、もしくはバーンアウト(燃え尽き症候群)してしまったら、元も子もないわけですね。

ランニングが継続できずに終わってしまう人の多くはこうした頑張りすぎが原因だと言われています。

それを防ぐにはやはり、自分が楽しいと思えるペースでトレーニングを継続してゆくことです。一気に走るよりも、長く走り続けることが何よりも力になるのですから。

前後の記事

関連ページ





目次から探す

基礎知識

用品・グッズ

怪我と予防

足のトレーニング方法

走り方、フォームについても

ダイエットについて

マラソンにチャレンジしよう

 

コラム

リンク集