ランニングで速く走るコツは?

ハーフマラソンやフルマラソンなどを意識してトレーニングしているランナーも沢山います。そんなランナーの目標の多くはタイムを縮めることです。

タイムを縮めるには速く走れるようにならなければなりません。しかし、初心者ランナーがスピードを上げようとするとどうしても歩幅を広げようとしてしまいます。

そう、短距離の走り方のように歩幅を大きくする方法ですね。

しかし、歩幅を広くすると速く走れる代わりに、足に来る負担も大きくなります。着地の衝撃も歩幅に比例して大きくなりますから、長い時間同じようなペースで走れないのです。

中には歩幅を広くとるストライド走法で成功したランナーもいますから、歩幅を広げるのは絶対に駄目というわけではありません。この走り方で長く楽に走れるのであれば、それで構わないでしょう。

しかし、一般的なランナーの場合は歩幅を狭くして、足の回転を速めるピッチ走法の方が足の負担が少なく速く走れるようになります。

足の回転を速くすることをピッチを上げると言いますが、この感覚が分かり難いと思っている方もいるでしょう。

そんな場合は腕の振りのテンポを速くすると分かりやすいかも知れませんね。

前後の記事

関連ページ





目次から探す

基礎知識

用品・グッズ

怪我と予防

足のトレーニング方法

走り方、フォームについても

ダイエットについて

マラソンにチャレンジしよう

 

コラム

リンク集