ランニングフォームと腕の振り方

走る時に大切なことの1つが腕の振りです。腕を振ることでリズムを取れるほか、体重もスムースに移動することができるようになります。

しかし、あまり腕ばかりにとらわれることはないと思います。正しい腕の使い方としては、腕を左右ではなくて、まっすぐに振ることといわれています。

確かにその方が無駄がなく、スムースでしょう。

ただ、高橋尚子選手の腕の振りは非常に独特なものがありました。左右がアンバランスだったのです。しかし、彼女のそんな動きを当時の監督だった小出氏は直そうとはしませんでした。

その方が彼女にとっては自然だったからです。

ですので、無理に腕の動きを矯正しようとする必要はないでしょう。ただ、コツとしてはリズムカルに動かすことですね。頭の中で、イチ・ニ・イチ・ニと数えながら動かしてみるといいでしょう。

また、腕全体を使おうとするとどうしても力が入ってしまいます。上半身がかたくなると、走りにも影響が出てきますので、腕全体というよりは、ひじを振るようなイメージで動かすと良いかも知れません。

大切なのは、形よりもリラックスして動かせている状態なのかも知れませんね。

前後の記事

関連ページ





目次から探す

基礎知識

用品・グッズ

怪我と予防

足のトレーニング方法

走り方、フォームについても

ダイエットについて

マラソンにチャレンジしよう

 

コラム

リンク集