マラソン大会1回目よりも2回目の記録が悪い理由

マラソン大会に初出場する場合はほとんどの人が記録などは狙っていないと思います。それよりも完走を目指すなど、自分にとってプレッシャーが少ない目標を掲げているものです。

しかし、中には最初のマラソン大会にもかかわらず、良い結果を出す人がいます。

それで2回目の大会ではさらなる記録を狙ったつもりが、1回目よりも記録が落ちてしまう・・・というのは実はよくあることなのです。

では何が原因でしょうか?

それは1回目が良かったために、2日目はもっとよい記録を出してやろうという心にあります。速く走りたいという思いだけが先行して、最初からとばしてしまうのです。つまりオーバーペースですね。

これを防ぐにはやはり、計画を立てるしか方法はありません。

そのためにはどのようなコースなのかをきちんと把握して、無理のないペース配分を考えることです。

そうすればおのずと記録は伸びてくると思います。

前後の記事

関連ページ





目次から探す

基礎知識

用品・グッズ

怪我と予防

足のトレーニング方法

走り方、フォームについても

ダイエットについて

マラソンにチャレンジしよう

 

コラム

リンク集