持久力をつけるにはL・S・Dトレーニング

しばらくランニングを続けていると、長い距離走れるようになってきます。そこで陥りやすいのが何キロ走ろう・・・といった距離で長さを計ろうとすることです。

距離を決めて走ろうとすると、最後はあと何キロだ・・・と考えてしまって最後はペースが上がってしまうものです。

しかし、効率的に持久力をつけるには距離を伸ばすのも大事ですが、時間で考えてみることが効果的です。

そのために効率的なのがL・S・Dと呼ばれるトレーニング方法です。このLSDはLong Slow Distanceの略です。

具体的な方法としては、まずできるだけゆっくりとしたペースで長い時間を走ります。最初のうちは1時間を目標にしてとにかくゆっくりと走ることです。

ペースは早歩きと同じ程度のスピードでも構いません。それだけゆっくりとしたペースでも長い時間走ることで持久力がついてきます。

これからマラソンにチャレンジしたいと思う方にもおすすめのトレーニング方法です。

それからもう1つコツがあります。それは、自分がいつも走っているような場所だと、何キロ走ったとか考えてしまうので、走った距離が分からないような場所で行うのも良い方法です。

このトレーニングで大切なのは距離ではなく、時間ですから。

前後の記事

関連ページ





目次から探す

基礎知識

用品・グッズ

怪我と予防

足のトレーニング方法

走り方、フォームについても

ダイエットについて

マラソンにチャレンジしよう

 

コラム

リンク集