ビルドアップ走:マラソンのトレーニング方法

前回はインターバルトレーニングを紹介しましたが、今回はまた違った練習方法をご紹介したいと思います。

その練習方法とはビルドアップ走と呼ばれるものです。

具体的な方法ですが、まずゆったりとしたペースで走り始めます。そこから少しづつペースを上げてゆく方法で、マラソンに向けたトレーニングとしても効果的ですし、スタミナをつけるためにも効果を発揮します。

具体的には最初の10分間程度をジョギングのペースで走り、その後は少しづつペースを上げてゆきます。そして最後の1キロ程度はレースのペースよりもやや速いくらいのスピードで走ります。

30分のランニングをしている人は10分はゆっくりとしてペースで走り、その後の15分間は少しづつペースを上げます。そしてラストの1キロはレースのペースよりも少し速くなるようにします。

このトレーニングによって心肺機能もアップしますし、マラソンのスピードトレーニングとしてはとても効果的です。また、マラソンは前半はゆっくり、後半であげると言われますが、前半に我慢する練習にもなると思います。

是非マラソンに向けた練習に取り入れてみて下さい。

前後の記事

関連ページ





目次から探す

基礎知識

用品・グッズ

怪我と予防

足のトレーニング方法

走り方、フォームについても

ダイエットについて

マラソンにチャレンジしよう

 

コラム

リンク集