インターバルトレーニング:マラソンのトレーニング方法

短い時間で効果的なトレーニング方法の1つがインターバルトレーニングと呼ばれるものです。エミール・ザトペックが有名にした方法だと言われています。

この練習は体に負荷がかかり、短時間であっても大きな効果が出る点がその特徴です。

このトレーニングにはランニングウォッチがあると便利です。

具体的には速いペースとジョギングのゆったりとしたペースを繰り返すトレーニングです。この練習をするのに特別なコースなどは必要ありません。平坦なコースであればOKです。

この練習をするには、時間もしくは距離を測るものや目安などが必要です。できれば、タイマーがついた時計などを用意しましょう。

そして、1分もしくは2分ごとにアラームが鳴るようにセットします。最初はジョギングのペースでゆっくりと1分間走ります。

アラームが鳴ったら今度はスピードを上げて走ります。この時のスピードはその時々の自分にあったレースペースでよいと思います。速すぎて何度も繰り返せない場合はペースを落とす必要があります。

速いペースとゆっくりとしたペースを1セットとして、10セットを走ると効果的です。

このトレーニングは繰り返すようですが、体に負荷がかかりますから走る前のウォーミングアップや走った後のストレッチやクーリングダウンはしっかりと行うことが大切になってきます。

前後の記事

関連ページ





目次から探す

基礎知識

用品・グッズ

怪我と予防

足のトレーニング方法

走り方、フォームについても

ダイエットについて

マラソンにチャレンジしよう

 

コラム

リンク集