マラソンに向けたスピードトレーニングで怪我を予防するには

ランニングをしていると怪我をすることがあります。ランナーに多い怪我はやはり膝の痛みでしょう。怪我については「怪我と予防」のコーナーでご紹介していますから、そちらも参照してみてください。

さて、マラソンに向けたトレーニングの1つにスピードトレーニングがあります。インターバルトレーニングやビルドアップ走などがそれです。

こういったトレーニングをすると効果的にマラソンを走る足を作ることができるようになりますし、スタミナもつきます。

ただし、注意しなければならないのが膝の痛みなどの怪我です。

スピードトレーニングをしようとするとつい速く走ろうとするあまり、ストライドが広がってくる人がいます。しかし、無理にストライドを広げてしまうと、膝の痛みなど足の故障につながってしまうことがあります。

また、ランニングをはじめたばかりでいきなりスピードトレーニングをするのも怪我の原因になるでしょう。初心者の場合の膝の痛みは筋力不足や柔軟不足、オーバーユースなどが原因になることが多いです。

話は少しそれましたが、スピードトレーニングをする時に大切なのは、無理にストライドを広げないことです。最初は思ったように速く走れなくても構いません。無理をしなくても、自分のできる範囲でトレーニングをしていると少しずつスピードがでるようになってくるものですから。

前後の記事

関連ページ





目次から探す

基礎知識

用品・グッズ

怪我と予防

足のトレーニング方法

走り方、フォームについても

ダイエットについて

マラソンにチャレンジしよう

 

コラム

リンク集