ランニング後のアイシングとその方法

走った後は筋肉や靭帯はその影響を受けて少なからず損傷しているものです。そのため、筋肉や靭帯は熱を発していることがあります。言ってみれば軽い炎症状態でしょうか。

そんな時にアイシングをしてあげると、回復を早める効果があります。

アイシングとは患部を冷やすことです。中にはシャワーで水をかけてアイシングをするのはどうか・・・と聞いてくる方もいますが、アイシングはシャワーの前に、氷を使ってすると効果的です。

アイシングをするのは走り終えて、クーリングダウンを終えた後が最適です。

氷をビニール袋などにつめて患部にあてましょう。長い時間当てておく必要はありません。目安は10分間程度です。

こうすることで炎症を抑えることができますから、以前に怪我をした場所や、熱をもった箇所をアイシングしてあげるといいでしょう。

また、膝の痛みがある場合は、筋力不足や柔軟性の不足、走りすぎ(オーバーユース)が原因であることが多いです。

初心者の場合はとにかく、いきなり距離を増やしたりしないようにするといいでしょう。

前後の記事

関連ページ





目次から探す

基礎知識

用品・グッズ

怪我と予防

足のトレーニング方法

走り方、フォームについても

ダイエットについて

マラソンにチャレンジしよう

 

コラム

リンク集