ランニング初心者の膝の痛みや足の故障

ランニングをはじめたばかりの方が悩むことのナンバーワンは膝や足の痛みでしょう。せっかく楽しくなってきたのに、膝が痛くなる。これはかなりへこみますね。

ではその原因は何なのでしょうか?

ランニングにおける足の故障の原因はそのほとんどがつかいすぎ症候群によるものだと言われています。つまり、オーバーユース、または走りすぎ・・・ということですね。

でも他のランナーは自分よりも多く走っているのに故障しない。

何故?

と思うかも知れません。しかし、ベテランランナーと初心者ランナーでは決定的な違いがあります。

それが、

1.筋力不足
2.柔軟性不足

です。これらはそれぞれについてまた後ほど詳しくご紹介してゆきますのでそちらも参照下さい。

初心者のうちはですから、走り過ぎないことが怪我の予防には大切です。走れる頃に急に距離を伸ばしたりすると膝を痛めることがありますが、これもつかいすぎ症候群です。

距離を伸ばすときは少しずつが基本ということですね。

前後の記事

関連ページ





目次から探す

基礎知識

用品・グッズ

怪我と予防

足のトレーニング方法

走り方、フォームについても

ダイエットについて

マラソンにチャレンジしよう

 

コラム

リンク集