ランニングシューズの選び方:サイズ編

ランニングシューズの選び方からの続きです。今回は靴の大きさなどについてご紹介してみたいと思います。

さて、靴を選ぶときはまず足を入れて靴ひもをしっかりと結びます。この時、何気なくひもを縛り始める人がいますが、これでは本当の意味のサイズは分かりません。

ひもを縛る前に、まず足のかかとの部分を合わせます。靴を履いたら、かかとを地面にトントンと軽くたたくようにすると良いでしょう。

こうするとしっかりとヒールカウンター(かかとがあたる部分)にかかとを合わせることができますので。

それからひもを結びます。自分に合っているサイズかどうかの基準ですが、つま先のの先にどの位の余裕があるかで判断します。

ランニングシューズの場合はこのつま先の余裕が1センチ程度が良いとされています。この時、しっかりとかかとが合っていることが大切です。

これで片足のサイズが分かったわけですが、これで終わり・・・というわけではありません。足のサイズというのは左右差があることがありますから、もう片方の足も履いてサイズを合わせてみることが大切です。

両足で履いたら歩いたりしてみると良いと思います。

前後の記事

関連ページ





目次から探す

基礎知識

用品・グッズ

怪我と予防

足のトレーニング方法

走り方、フォームについても

ダイエットについて

マラソンにチャレンジしよう

 

コラム

リンク集