ランニングシューズの寿命について

気に入って買ったランニングシューズは長く使いたいものです。そのための私が実践しているのは、同じシューズを2足勝手交互に使う・・・という方法です。

最初にお金がかかりますが、靴は圧倒的に長持ちします。

しかし、そうやってケアをしていてもランニングシューズにも寿命があります。いつかは新しいものに交換しなくてはならないのです。

ではいつか買い替え時でしょう?

ランニングシューズにはソールがついていますね。ここの部分が磨り減ってきたら、明らかに買い替え時です。しかし、それだけでは本当の寿命が分かりません。

何故なら、ランニングシューズには一番底のソール以外にもミッドソールやインソールなどがあるからです。ミッドソールの劣化などは外から見てもわかりませんから、買い替え時が分からないものです。

しかし、ミッドソールが劣化してくると衝撃を吸収してくれるシューズの機能も落ちているということですから、膝の痛みなど怪我の原因にもなってしまうのです。

寿命についてはそれぞれのメーカーによっても違いますが、一般的には週に3回程度走るランナーで2年程度になってくると思います。1回に走る距離が5キロのランナーであれば1年程度が目安です。

ちなみに使っていなくてもシューズに使われている素材は劣化してきますので、長年使っていないシューズなどは買い換えた方が無難でしょう。

前後の記事

関連ページ





目次から探す

基礎知識

用品・グッズ

怪我と予防

足のトレーニング方法

走り方、フォームについても

ダイエットについて

マラソンにチャレンジしよう

 

コラム

リンク集