有森裕子の名言:心の優しさ

オリンピックのメダリストとしても知られる有森裕子さんが残した言葉があります。それは:

「マラソンは己との戦いであって、人との戦いにあらず。マラソンは、人の心を優しくしてくれます。」(有森裕子 フルマラソンで4時間を切る)

よく皇居の周りで走っている人を見ますが、中には誰かに抜かれるとなんだか悔しくて、もっと速く走ろうとしてしまう人もいます。

しかし、それがオーバーペースになって、結局は継続できない。

マラソンでも同じことが言えます、周りが速く走っているとつい自分も同じようにスピードを上げてしまう人もいるでしょう。

しかし、有森さんはマラソンは自分との戦いだと語っています。そして、本当に強い勝者は優しい心を持っているし、優しい心を持っているからこそ本当に強い勝者になっているのだ・・・と。

人生でも参考にしたい言葉ですね。

前後の記事

関連ページ





目次から探す

基礎知識

用品・グッズ

怪我と予防

足のトレーニング方法

走り方、フォームについても

ダイエットについて

マラソンにチャレンジしよう

 

コラム

リンク集