ランニングと足の外側の痛み

ランナーに多い怪我の1つが膝の故障です。走ることは、イコール、着地時の衝撃を足に受けることになりますが、これがいきすぎてしまうと膝の痛みにつながります。

ランニングをしている方に特に多いのは足(膝部分)の外側の痛みです。この怪我のことを腸脛靱帯炎といいます。

怪我と予防のコーナーにその症状や原因、予防方法などを掲載していますから、そちらも参考にして下さい。

さて、そもそも、足の外側が痛むようになってしまう理由は何でしょうか?

ランニング初心者の方であれば、圧倒的に筋力不足と足の柔軟性不足が考えられます。特に、いきなり走り出してしまった方は筋力不足が原因の場合が多いようです。

走ることは単純のようですが、それなりの筋力が必要です。特に長く走るランニングの場合は、ひざ周りの筋力がなければ、衝撃を受け止めることができず、結果的に膝を痛めてしまうのです。

ベテランランナーや中級ランナーであっても、腸脛靱帯炎になることも勿論あります。特に走るのが楽しくなってきた方などにも多い怪我です。

その理由は、オーバーユースです。

つまり使いすぎ、練習のしすぎです。これを防ぐには自分がどれだけ疲労しているかに注意を向けることです。そして、無理な距離や時間を走ったりはしないこと。レースに向けてトレーニングをする場合でも、客観的な練習メニューを立てましょう。

前後の記事

関連ページ





目次から探す

基礎知識

用品・グッズ

怪我と予防

足のトレーニング方法

走り方、フォームについても

ダイエットについて

マラソンにチャレンジしよう

 

コラム

リンク集