雨の日のランニングはどうするべきか

走るのが楽しくなってくると毎日でも走りたいと思うようになります。

そんなランナーを困らせるのがなんと言っても雨。天候の悪いときはどうしたらいいのでしょうか?

ランナーの方も雨の日に走るかどうかは意見が分かれるところです。

・雨が降ったらよい休養日だと思って休む。
・防水仕様のウェアを着て走る。
・ナイロンのウェアで裏地がメッシュのタイプを着て走る。
・ウインドブレーカーを着る。
・走り終えたらすぐにシャワーをするようにしている。
・土の路面を避けて走る。
・小雨であれば走る。大会が中止されるような強い雨の場合は走らない。

雨が降っても走れることは走れます。ですから、走りたい人は走っても良いと思います。私自身は雨の日はやはり休養日にあてています。体を休めるいいチャンスだと自分に言い聞かせています。

それでも走る場合は、冬なら防水のウェアを選びましょう。ただし、夏の場合は、防水のウインドブレーカーなどを着ると中が蒸れてくることがありますので、着なくてもよいでしょう。

いずれにしても、走る場合はいつもよりも少なめの距離や時間にすることです。走り終わったら、シューズの中に除湿剤を入れたり、新聞紙を入れたりして、乾かすことです。翌日は日陰でシューズをさらに乾かしてあげるとよいと思います。

前後の記事

関連ページ





目次から探す

基礎知識

用品・グッズ

怪我と予防

足のトレーニング方法

走り方、フォームについても

ダイエットについて

マラソンにチャレンジしよう

 

コラム

リンク集