朝のランニングは朝食後がいいか、朝食前がいいか?

以前に食後のランニングはどの位の時間が経ってからがいいかという記事を書きました。今回はそこにちょっと付け加えたいと思います。

前にもご紹介したとおり、走る時は食後少なくとも2時間以上経ってからにしましょう。十分な時間をおかずに走ると、食べ物の消化の邪魔をしてしまいます。

ですから、朝に走っている人は朝食前でいいと思います。ただし、長い時間例えば、1時間などを走る時は朝食後にした方がよいと思います。この場合は走る2時間前には食事を済ませておきましょう。

朝食前にしても後にしてもそうですが、朝というのは水分が不足しています。水分が不足した状態で走るのは危険ですから、十分に水分補給をしてから走るようにしてください。

水分不足の状態は血液の濃度も濃くなっている状態ですから、この状態で走ると危険なのです。

よく血液がサラサラとかいいますが、これと逆の状態ですね。タバコを吸っている人は血栓もできやすく危険ですので、水分補給は忘れずに。

できれば、タバコはやめた方がよいでしょう。タバコは発がん性がある嗜好品です。これを嗜好品と呼ぶのは疑問ですが、やめたいのにやめられないのはタバコに強い依存性があるからです。

これをニコチン依存症といいます。いずれにしてもランナーがタバコを吸うのは、矛盾していますね。

前後の記事

関連ページ





目次から探す

基礎知識

用品・グッズ

怪我と予防

足のトレーニング方法

走り方、フォームについても

ダイエットについて

マラソンにチャレンジしよう

 

コラム

リンク集