食後のランニングはどの位の時間が経ってから?

走る時間帯って人それぞれです。1日の時間の使い方にもよりますが、中には食後、例えば朝食後や昼食後、夕食後に走る人がいます。

でも小さい頃、「食べてすぐに動くのはよくないよ。」

・・・と教えられた記憶はありませんか?そう、食べてすぐに動くのは体によくないのです。その理由には消化が関係しています。人は食べ物を食べると、次に消化活動を始めます。

この消化をしている時に体を動かしてしまうと、胃や腸の消化機能が低下するのです。ですから、食後すぐに走るとお腹が痛くなったり、なんだか調子が悪い・・・ということになります。

ですから、どうしても食後にランニングしたいという時は食後2時間以上経ってから走るようにしましょう。勿論、どんなものを食べたかにもよります。量もそうです。沢山食べればそれだけ消化に時間がかかりますので。

ただ、一番おすすめなのは食後ではなくて食前に走る方が基本的には快適に走ることができます。朝食前、昼食前、または夕食前に走る時間がみつけられる人は食前に走るようにするとよいでしょう。

また、特に朝食前は水分が不足していますから、走る前に水分補給をしておくことが大切です。

前後の記事

関連ページ





目次から探す

基礎知識

用品・グッズ

怪我と予防

足のトレーニング方法

走り方、フォームについても

ダイエットについて

マラソンにチャレンジしよう

 

コラム

リンク集