ウォーキングのフォームで気をつけること

いきなりランニングからはじめることはやめた方がよいと別ページでご紹介してきました。そこで、ランニングの準備に最適なのがウォーキングです。

歩くことで走るために必要な心肺機能や足の筋力をトレーニングします。それから、体重が多い人はウォーキングの時点で体重をしぼってゆきましょう。

さて、歩き始める時に多くの人が気になるのがウォーキングのフォームです。

しかし、考えてみれば人間は何も考えなくてもあるける動物です。普段歩くときに足はこうして、手はこうして、とか体重はこうかけて・・・・とか考えて歩いている人はいないでしょう。

むしろ、そんな風に歩き方を意識したら不自然なウォーキングフォームになると思います。

高橋尚子さんなどを指導した小出義雄監督はウォーキングのフォームについて1つだけ指摘しています。

それは「背筋を真っ直ぐに伸ばして歩く」ということです。

具体的には頭のてっぺんが上にピンと張られているイメージが良いのだそうです。

駄目なのは猫背ですね。猫背の人は前を向いて歩くことをイメージすると背筋が伸びることがありますので試してみるといいでしょう。これはランニングにも同じことが言えますね。

前後の記事

関連ページ





目次から探す

基礎知識

用品・グッズ

怪我と予防

足のトレーニング方法

走り方、フォームについても

ダイエットについて

マラソンにチャレンジしよう

 

コラム

リンク集